◇現代西洋医学では治癒困難な病気を薬草のパワーと自然療法が
癒してくれます◇

大自然はいのちに満ちています。
でも、その大自然の力は、自然のうわべをチラッと見ただけでは見えません。
耳を澄ますように、心を澄ますと、その大自然の背後にある見えない力が見えてきます。
見えない大自然の力に添って、謙虚に学び、実践し、心を養っていくと、西洋医学では治癒が困難な生活習慣病や難病がふと気が付いてみると治癒していくのです。

 身近な野菜・穀物の薬用効果一覧
 種類 名称 薬用効果要約  ビタミン ミネラル 食物繊維(/100g)
根菜  大根 万病に効く千両役者 A,C,E K,Ca   
ゴボウ 病弱者に欠かせない優良野菜    Ca,Fe,Mg,Cu 8.5g
人参 万病に良いスタミナ野菜 A,C,B2  
レンコン 即効性の疲労回復剤 B1,C K,Fe 2.5g 
山芋 病弱者によい貴重な野菜 B1,C  
コンニャク 血液浄化のアルカリ食品   Ca
球菜  玉ねぎ 血液を浄化し脳の働きを助ける C K,Ca,P  
キャベツ 胃潰瘍に顕著な効果が C K,Ca  
葉菜  パセリ 腸の汚れをとる濃緑野菜 A,C  Ca,Fe   
セロリ 強精・美容に優れた効果が A,C  
ネギ 薬用効果は広範囲 A,C K,Ca,Fe   
明日葉 逞しい生命力を持った野草 A,C,B2 K,Ca   
穀類  玄米 生命力の塊  B1,B2,D,E,F K,Ca,Mg,P
Fe,Zn,Cu,Mn
3.7g 
小麦、大麦 頭と体の栄養源       
ハトムギ 美肌、母乳を増やす、ガン  E    
ソバ        
トウモロコシ 消化機能を高める B1,B2,C  K 3.4g
豆類  小豆  解毒の特効薬       
黒豆 喉、美肌、健脳の妙薬      
木の実 ギンナン  生命力の塊      
クルミ 栄養価の高い健脳食 B1,E Ca  
海藻類  昆布 血液の浄化、腸の浄化に   Ca  
ヒジキ 病弱者は是非食卓に   Ca  
その他  ゴマ 治病食、健脳食の王様       
タケノコ 内臓機能を強化する B2,C,E K 3.2g
ラッキョウ 心臓病、婦人病、整腸に      

スポンサード・リンク


医者がストすると死亡率が激減!

イスラエルで過去二度、医師の団体がストライキに突入し、
救急医療以外の治療を一切行なわなかった間、患者の死亡率が半減した。
アメリカ(数ヶ所)、オランダ、ベルギー、カナダ(各1ヶ所)の病院で 医師のストライキがあったとき、いずれも患者の死亡率が50~60%激減した…

自分の体は自分で守る、病気とはヒーリングプロセス

私たちは一般に、病気は医者が治してくれるものと思っていますが、
実はそうではありません。
私たちの体には本来素晴らしい自己治癒能力が備わっており、
その自己治癒能力が自分の病気を治してくれるのです。
どうもお医者さんは、私たちに本来備わっている自己治癒能力の発現を
妨げている場合が多いようです…


ガンに卓効のある薬草、野草、手当法 スギナ

【スギナ ガンをはじめ難病に効く】
ツクシの後から出てくる緑色のスギナは、驚くほどの繁殖力で辺り一面に
広がりますが、このエネルギーが人間の弱った体を癒してくれます。
スギナ茶を飲むだけで、多くの病気に効き目があるのです。
・ガンや糖尿病、腎臓炎、結石、カリエス、肝臓病、胆嚢炎
といった難病にも、驚くべき効果があります…

スポンサード・リンク


循環器系の病気に効く薬草、野草、手当法(6) ヨモギ

漢方でも、殆どの病気の調合に使われるほど、薬効の多い野草です。
お灸のもぐさの材料も、ヨモギであることはご存知でしょう。
ミネラル、ビタミンも豊富で、整腸作用が大きく、便秘にも効き、
組織臓器の機能を正常に保ち、公害物質や老廃物が溜らない様に流してくれ、
血液を浄化するという大役を果たしてくれます…


●目薬や皮膚病一切にもよく効く

ビワの小さい葉などは紙袋に入れてぶら下げ、乾かしておきます。

これを煎じると茶色い汁が出てきます。

手当に使った葉も、変色しない葉を乾かして布袋に入れて
お風呂を立てて入ると、よく温まって皮膚病も治り、
肌が滑らかになって、全身の疲れがとれてしまいます。

三~四日は水を変えなくても、殺菌力があるので、そのまま入れます。

また、ビワ葉の煎じ汁をガーゼで濾すと目薬にもなり、
点眼するとサッパリして炎症や疲れ眼を治します。

これで、白内障を治した方もいるほどです。
(うすくしないと充血するので注意)


また、皮膚病一切にもよく効き、この場合は少し濃い煎じ汁にして
つけるとよいでしょう。

・水虫、かいせん、しらくも
・たこ、魚の目、イボ

などは、まずビワ葉温灸をその部分にしてから煎じ汁をつけます。

・虫刺されやしもやけ、アトピー性皮膚炎

などには、そのままつけて効きます。

biwa04.jpg
●ビワは昔から魔法の木

ビワは、その汁の多い黄金色の実も、大きくて葉脈のくっきりした固い葉も、
私たちに馴染み深いものです。

青空をバックにビワの葉が茂り、遠くでブランコのゆったり軋む音......
そんな風景を懐かしく思い出す方もあるでしょう。

あのビワに万病を癒す不思議な力があるなんて、信じられない
という方がいるかも知れません。

でも、このビワこそ、古来から民間療法の霊薬として知られていたのです。

何と三千年も前の昔から、涅槃経などインドの古い仏典の中に、
ビワは大変優れた薬効を持ち、生きとし生けるものの万病を治す植物として
登場します。

・ビワの木は「大薬王樹」、
・ビワの葉は、すべての憂いをとり除く「無憂扇」

と名付けられていることからも、その癒しの絶大さが、
すでにこの頃から遍く知られていたことが窺われます。

biwa03.jpg
ヒジキも素晴らしい健康食品です。

カルシウムの量からいうと、ヒジキは昆布の二倍、アルカリ度は約260という高さで、海藻中でも一段と飛び抜けています。

病弱な人は、どんどんヒジキを食生活にとり入れて下さい。

ワカメ、フノリ、アラメなども、勿論素晴らしい海藻類です。

ノリも同じですが、味付けノリなどは添加物が入っていますし、青く白っぽい朝鮮ノリを、色をつけて艶出しして売っているものも多いので、注意が必要です。

それより、ヒジキにゴボウ、人参、油揚げなどを入れて炒め煮したものの方が経済的です。

【出典】薬草の自然療法 東城 百合子著

hijiki02.jpg
慢性病の人は、夏の間に出来るだけ回数を多く入るようにしましょう。

夜明けと共に夕方まで、十二時間ぐらい入る熱心な人もいます。

また、近くの海で二、三時間入っただけで効果があった人もいます。


大切なのは、何が何でも病気を治さなくちゃ、と力んで入るのではなく、心も体もすべてを自然にまかせてゆったりと砂に入ることです。

病気ばかり気にして心の安らぎのない人は治りにくいものです。

病気は親切な自然の教科書で、自分の足りなさを諭し、教える思いやりと受け止め、ゆったりと入る人は、神経も細胞も開いて自由に自然の力が入ってきます。

shirako-hama01.jpg
万里の長城を造った秦の始皇帝は、不老長寿の霊薬を家来の徐福に探させたとき、日本の昆布を持ち帰ったと伝えられているほどです。

昆布には、

・健康増進、老化予防
・血行をよくし新陳代謝を助ける

成分が幾つも含まれてます。

また、海藻といえばヨードが多いことで知られていますが、ヨードは

・血の流れをよくし、毒素や使い古した老廃物を流し

体を調節するためになくてはならないものです。


心身の発育を助ける甲状腺ホルモンのチロキシンにも、ヨードは欠かせない物質です。

そのため、幼児や妊婦には特に大事な成分なのです。

konbu03.jpg
レンコンは基礎体力をつけ、細胞に活力を増し、底力を増強する貴重な野菜です。

忙しく立ち働く人がレンコンを常食すると疲れをとり、

・スタミナ増強、ノイローゼ防止、風邪予防

等の効果を持っているからです。

レンコンの節は特に薬です。

レンコンは利尿作用と共に便通をよくし、体内の老廃物や毒素を排泄するので、体内増強に役立ちます。

レンコンの節も捨てないで、みじん切りにして味噌汁などに入れて食べましょう。

renkon03.jpg
とろろ汁にすると美味しい山芋は、大和芋、長芋、つくね芋などの種類がありますが、自然薯と呼ばれるのが山野に自生する山芋です。

これはまさに自然からのジャンボな贈り物です。

長いもので1メートルから1メートル半位もあります。

自然薯は栽培されたものより水分が少なく、細胞も細やかで成分も多く含むので、病弱者には薬です。

自然薯のとろろ汁を食べ慣れると美味しいもので、栽培のものは風味もなく物足りないものです。


昔から山芋を食べると精がつくといわれていますが、これは酵素が多く、腸内細菌の働きをよくするからです。

そして粘膜に活力をつけるので整腸し、浄血を助け、体細胞の働きも強めます。

病弱な方や長患いの病人にとっても貴重な食物です。

また、山芋は大変消化がよいのです。

澱粉消化酵素のアミラーゼが大根より多く、4?5%も含まれています。

山芋の澱粉そのものもとても消化が良いので、一緒に食べた他の食物の消化も促します。

jinenjo01.jpg
野菜の王様です。

きれいな橙色はカロチンという色素で、ビタミンAと同じ働きをします。

これが人参には多量に含まれています。

また、根だけでなく、人参の葉もカルシウム、ビタミンB1、Aが多く、日本人に不足がちなリジン、ステオニンも多く含まれています。

ですから、かたい葉も捨てないで上手に利用しましょう。

薄い衣をつけて天ぷらまたは佃煮にするとよく、若葉は炒め物、和え物で風味を大切に利用しましょう。


人参は粘膜の抵抗力を強め、目の疲れ、喘息、胃潰瘍の予防、保湿作用もあるので、血液の循環を助け、冷え症、しもやけを治します。

また、副腎皮質ホルモンの分泌を盛んにするため、

・ストレス、自律神経失調症、肌荒れ、脱毛予防、髪の艶をよくするなどの効果があります。

病弱者はつとめて食べるようにしましょう。

nijin_salada01.jpg
・http://taroveju.exblog.jp/12267691/ より
■健康維持のためには、少なくとも一年に一回は行う

暑いときは水分が不足して気分が悪くなりますから、つとめて補給します。

また、暑い盛りは砂を少し多めにかけても良いでしょう。

日よけを十分考えて、つばの広い帽子を顔にかぶってタオルをかけて
日おおいをすると安全です。

砂から上がるとスポーツの後のような爽快感がありますが、
毒素は上がってからもドンドン出ています。

また、ひどく眠くなってよく眠れます。



胃腸が弱い人や便秘がちの人などは、頭が痛くなったり、
吐き気がしたりすることもあります。

病気の持っている方は色々の好転症状が一時出ますが、また砂に潜っているととれます。

どんな病気にも効く非常に安全な療法です。


健康な人でも、一年に一回は毒だしをしておくと良いでしょう。

それほど素晴らしい健康法なのです。

suna-ryouhou01.jpg

夏でないと出来ない、とっておきの健康法があります。

夏になると、海水浴に出かける方も多いと思いますが、し人出のすいた砂浜で「砂療法」を試してはいかがでしょうか?

体内から毒素を出す力は断食以上と言われています。

リウマチや神経痛などは治りにくい病気ですが、砂療法で治った人も多いのです。

慢性化した病気が治ったり、子宮筋腫や子宮ガンが治ったという例もあります。

また、半身不随の人が三年がかりで毎年入って、歩けるようになったケースもあります。

皮膚のしみやニキビがとれて肌のきめが細かくなり、冬でも風邪をひかなくなります。

suna-furo071.jpg

月別アーカイブ

●一押しリンク
1.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

2.子供すこやか食の安全・安心.com
子供の心身のすこやかな成長のためには、食の安全・安心が不可欠です。私たちが気付かされていない、知らされていない食品添加物や農薬の危険性、食育や食の安全・安心の盲点に迫ります。

3.マクロビオティック健康法.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

4.砂糖の害、砂糖のとり過ぎは万病の元!?com
砂糖は現代社会の麻薬のようです。 砂糖のとり過ぎは万病の元となり、心も体も狂わせてしまいます。 砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、うつ病や不安障害等、 砂糖のとり過ぎに注意しましょう。

5.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
放送タワーや携帯電話などからの電磁波によるガンなどの健康問題が危惧されます。 育ち盛りの子供たちが携帯電話を常用すべきではありません。

6.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。

7.ホリスティック・統合医療のすすめ.com
統合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療、自然療法を個々の患者に合わせて統合的に扱う医療のことです。21世紀の医療、統合医療について第三者的にまとめました。

8.原発がどんなものか知って欲しい、原発の安全神話を検証する
原発は安全であると私たちは洗脳されていたようです。福島第一原発の大災害で原発安全の神話は崩壊しました。 原発がどんなものか、放射能・放射線の危険性、放射性廃棄物の処理などその安全神話を検証します。

最近のフォト

  • ガンに卓効のある薬草、野草、手当法(2-2) ビワ ガンをはじめ万病に効く
  • ガンに卓効のある薬草、野草、手当法(2-1) ビワ ガンをはじめ万病に効く
  • ヒジキ 病弱者は是非食卓に
  • ガン、腰痛、神経痛が治癒した人たち
  • 昆布 血液の浄化、腸の浄化に
  • レンコン 即効性疲労回復剤
  • 山芋 病弱者によい貴重な食品
  • 人参 万病によいスタミナ野菜、野菜の王様
  • 猛烈に毒素が出ていく砂療法(2)
  • 猛烈に毒素が出ていく砂療法(1)
家庭に是非とも置きたい一冊




■あなたと健康社連絡先
〒157-00006
東京都世田谷区成城 2-35-13
(TEL) 03-3417-5061
 
☆守りたい、家族の健康!私たちの命が危ない!☆

私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

口座開設方法